MENU

10/16 (fri) KOMOREBI JAZZ LIVE Vol.5 「SOA」

2020/11/18(Wed)EVENT

確固たるオリジナリティと柔軟な音楽性を併せ持つシンガーのSOA。
今年6月に発売した1stフルアルバム『Voice of Buoy』も好評、今後の活躍が楽しみな1人だ。今回は自身のバンドを率いて晴れやかなステージを聴かせてくれた。
グルーヴの効いたサウンドを背にして、伸びやかに、そして堂々と歌う彼女のポジティブな雰囲気は聴く者の気持ちを自然と明るい方へ導いてくれる。

今回のバンドは、SOAの楽曲だけでなく、バンドメンバーの曲もレパートリーに加えている。ギターの伊藤シュンペイの作曲による“To Love”や“Matilda”はSOAのボーカルの新たな可能性を広げそうな楽曲で、バンドのこれからの重要なレパートリーになっていくのではないだろうか。特に“Matilda”の郷愁を誘う曲調に惹きつけられた。

武藤浩司のサックスは要所で変幻自在にSOAのボーカルとさながらツーフロントのように、楽曲に彩りと熱気を加えていた。澤田と鈴木のリズムセクションはこちらも注目のグループ「SATTU CREW」でも共にリズムを作り上げる盟友同士。ヒップホップやR&Bの生々しいパワフルなリズムは彼らにとってお手の物、バンドのサウンドに厚みを加えていた。

SOAが率いるこのクインテットは結成からまだ日は浅いが、すでにチームワーク抜群、というか、とにかく演奏中の楽しそうな様子からステージで一緒に音を出す喜びが満ちていて清々しい。今回のライブではその楽しさが特にラストの“Recolor”ではじけていた。

ジャズをベースにポップス、ブラジリアンと行き来するSOAの巧みなボーカル、高い熱量と知的にサウンドを構築する面が同居するバンドの化学反応は、関西から全国へ飛び出して、さらに波及していくのではないだろうか。その可能性を「KOMOREBI JAZZ」のステージで感じ取ることができた。

<Member>

  • SOA(ボーカル)
  • 武藤浩司(アルトサックス)
  • 伊藤シュンペイ(ギター)
  • 澤田浩輔(ベース)
  • 鈴木大瑛(ドラムス)

<Set List>

(1st)

  1. Lighthouse(SOA)
  2. Viajante
  3. To Love (伊藤シュンペイ)
  4. Under the stars(SOA)
  5. Skylark

(2nd)

  1. Precious(SOA)
  2. Matilda (伊藤シュンペイ)
  3. Ribbon in the Sky
  4. TOWNBEATS (SOA)
  5. Recolor(SOA)

(Encore)

Depois

小島良太(こじまりょうた)
1986年生まれ。
兵庫県神戸市出身在住。
ジャズライター/ジャズフリーペーパー「VOYAGE」編集長。
神戸市「ジャズの街神戸」推進協議会メンバー。
Webでは、 http://kobejazz.jphttps://thebeatgoeson.jp/
紙媒体では「ジャズ批評」、「JAZZ JAPAN」等、ジャズ専門誌に寄稿中。
Twitterアカウント @Voyageharima

■ この記事をシェア

FISH FOR co., ltd | 株式会社フィッシュフォー

Æ