MENU

12/11 (fri) KOMOREBI JAZZ Vol.13 山本真央 ORGAN TRIO

2021/04/28(Wed)EVENT

温かい独特の音色で、ジャズでも熱い支持を集める楽器、オルガンが「KOMOREBI JAZZ」のステージについに登場!オルガン奏者として関西圏で活躍の幅を広げる山本真央が数多くの共演を重ねて信頼の厚い片平駿太郎(ギター)と今岡稜太(ドラムス)と共に華やかなステージで寒さ厳しくなる神戸の地を熱くさせてくれた。

山本が鮮やかに鍵盤を操ると、「FISH IN THE FOREST」の広い会場に味わい深いオルガンの音色が隅々まで響き渡る。会場とオルガンの相性はとても良いので、これはぜひ今回に限らず、またここで聴いてみたい。山本の素敵なメロディを持つ自作曲も魅力的。今後、彼女のオルガンでどんなサウンドが生まれるか楽しみだ。山本のオリジナルばかりのアルバムもいつか聴いてみたい、期待も込めてここに記しておこう。

山本は演奏だけでなくステージングもスマート。耳なじみあるスタンダードナンバーでスタートさせ、そこから自身のオリジナルを3曲続けた1stセットの展開は観客を飽きさせない工夫を感じた。2ndセットも同様にバランスよい選曲で自身の個性の表現と聴き手への配慮を感じるステージだった。

片平は力強くも優しく温かいサウンド。バッキング、ソロ共に心地良い音色はオルガンと非常にマッチしていた。今岡は巧みなスティックワークと多彩なリズムパターンで強固にバンドを支えていた。彼のような正確なドラマーがいるとバンドは非常に安心だろう。

オルガントリオの楽しく華やかなライブは、ハッピーなフィーリングを届けてくれる。
トリオに加えて、サックスが入るとまた面白くなりそう、とさっそく次回のライブの構想が楽しみになってきた。再演を楽しみに待とうと思う。

<Member>

  • 山本真央(Organ)
  • 片平駿太郎(Guitar)
  • 今岡稜太(Drums)

<SET LIST>

(1st)

  1. Don’t Get Around Much Anymore
  2. Do Not Disturb(山本真央)
  3. Afternoon Cross(山本真央)
  4. Jellyfish Waltz(山本真央)
  5. Off the Top

(2nd)

  1. Shirley
  2. Autumn Leaves
  3. NATA-DE-COCO(山本真央)
  4. Spicy Girl(山本真央)
  5. Mimosa
  6. Love BE-BOP!(山本真央)

(Encore)

Sunday Morning Wind(山本真央)

小島良太(こじまりょうた)
1986年生まれ。
兵庫県神戸市出身在住。
ジャズライター/ジャズフリーペーパー「VOYAGE」編集長。
神戸市「ジャズの街神戸」推進協議会メンバー。
Webでは、 http://kobejazz.jphttps://thebeatgoeson.jp/
紙媒体では「ジャズ批評」、「JAZZ JAPAN」等、ジャズ専門誌に寄稿中。
Twitterアカウント @Voyageharima

■ この記事をシェア

FISH FOR co., ltd | 株式会社フィッシュフォー

Æ